Top >  睡眠時無呼吸症候群の治療 >  睡眠時無呼吸症候群の治療方法:外科手術

睡眠時無呼吸症候群の治療方法:外科手術

スポンサード リンク

睡眠時無呼吸症候群の治療方法のなかでも、病的な症状や病気が原因のときは外科手術が必要になってきます。


例えば、口蓋垂(のどちんこ)が極端に長い場合や、気道内の扁桃の極端な肥大などの場合です。睡眠時無呼吸症候群の外科手術としては、UPPPとLAUPという治療方法があります。UPPPもLAUPも目的は気道を広くし、閉塞をおこさないように形成させることにあります。


UPPPは口蓋垂を含めた軟口蓋を切除する方法で、LAUPはレーザーで口蓋垂を焼ききる方法で、UPPPより切除部分が少ないのでいびき治療向きです。そして、治療の結果、咽頭部分が拡大され、呼吸がしやすくなります。


体内の酸素量が増えれば、睡眠時無呼吸症候群の治療だけでなく、高血圧などの循環器系の合併症の防止にもつながります。

睡眠時無呼吸症候群の治療

睡眠時無呼吸症候群の治療について

関連エントリー

睡眠時無呼吸症候群の治療方法:CPAPの欠点 睡眠時無呼吸症候群の治療方法:CPAPの利点 睡眠時無呼吸症候群の治療方法:マウスピースの欠点 睡眠時無呼吸症候群の治療方法:マウスピースの利点 睡眠時無呼吸症候群の治療 睡眠時無呼吸症候群の治療の前に 睡眠時無呼吸症候群の治療方法:気管切開 睡眠時無呼吸症候群の治療方法:外科手術