Top >  睡眠時無呼吸症候群の治療 >  睡眠時無呼吸症候群の治療方法:気管切開

睡眠時無呼吸症候群の治療方法:気管切開

スポンサード リンク

睡眠時無呼吸症候群で最も重度が高く、UPPPなどの外科手術でも効果がみられず、生命維持にも危険をおよぼすような場合は、気管切開という治療方法をとります。


睡眠時無呼吸症候群自体は、死亡にいたる病気ではありませんが、治療が困難で、睡眠中の酸素不足が長い期間続くと、心拍数の増加・不整脈・高血圧といった循環器系の合併症があらわれてきて大変危険です。


気管切開の治療をすることによって、扁桃の肥大や、下顎や舌の沈下による閉塞があっても楽に呼吸ができ、睡眠時無呼吸症候群の治療以外に、合併症の予防にもなります。


欠点としては、声を出す際には気管に蓋をする必要があることと、切開部分の細菌感染を防ぐための消毒も欠かせません。毎日の消毒と、ガーゼの交換など衛生管理には十分に気をつけなければなりません。

睡眠時無呼吸症候群の治療

睡眠時無呼吸症候群の治療について

関連エントリー

睡眠時無呼吸症候群の治療方法:CPAPの欠点 睡眠時無呼吸症候群の治療方法:CPAPの利点 睡眠時無呼吸症候群の治療方法:マウスピースの欠点 睡眠時無呼吸症候群の治療方法:マウスピースの利点 睡眠時無呼吸症候群の治療 睡眠時無呼吸症候群の治療の前に 睡眠時無呼吸症候群の治療方法:気管切開 睡眠時無呼吸症候群の治療方法:外科手術