Top >  睡眠時無呼吸症候群の治療 >  睡眠時無呼吸症候群の治療の前に

睡眠時無呼吸症候群の治療の前に

スポンサード リンク

睡眠時無呼吸症候群とは病名のとおり、「睡眠時」に「無呼吸」状態になることです。


睡眠時無呼吸症候群は、治療をしないと死んでしまうということはありませんが、高血圧や心疾患などの生活習慣病になることが考えられます。また、睡眠時無呼吸症候群になると、昼間の眠気の原因などになるため、交通事故など社会的問題にもつながってきます。


睡眠時無呼吸症候群は、10秒以上の呼吸停止を「無呼吸」とし、1時間に5回以上、または7時間に30回以上の人をさします。また日本人の約4%、200万人が睡眠時無呼吸症候群であるといわれ、特殊な治療が必要な病気ではありません。


しっかりと治療すれば、きちんと治る病気ですので、いびきをかくだけで受診するのは恥ずかしいと考えず、気軽に診察を受けてみることが大切です。

睡眠時無呼吸症候群の治療

睡眠時無呼吸症候群の治療について

関連エントリー

睡眠時無呼吸症候群の治療方法:CPAPの欠点 睡眠時無呼吸症候群の治療方法:CPAPの利点 睡眠時無呼吸症候群の治療方法:マウスピースの欠点 睡眠時無呼吸症候群の治療方法:マウスピースの利点 睡眠時無呼吸症候群の治療 睡眠時無呼吸症候群の治療の前に 睡眠時無呼吸症候群の治療方法:気管切開 睡眠時無呼吸症候群の治療方法:外科手術