Top >  睡眠時無呼吸症候群の原因やメカニズム >  睡眠時無呼吸症候群の原因について

睡眠時無呼吸症候群の原因について

スポンサード リンク

睡眠時無呼吸症候群にはいくつかの原因が考えられます。


よく知られている原因としては、肥満体形のため、首の脂肪が気道をふさいでしまうことが考えられます。次に、鼻の気道が曲がっていて、酸素が十分とれないことも原因と考えられます。舌が大きいため、喉をふさいでしまうことも原因としてあげられます。


また、鼻と喉の境が垂れ下がってしまう「軟口蓋」という症状の人も睡眠時無呼吸症候群になってしまいます。顎が小さい人や、後退している人のようにそもそも気道が狭い人も要注意です。以上のいくつかの原因以外にも、寝ているときに喉がふさがりやすい体質であることだけが原因で睡眠時無呼吸症候群になってしまう、自分では気づきにくい病気のひとつでもあります。思いあたる人は一度病院で診察してみることが大切になってきます。

睡眠時無呼吸症候群の原因やメカニズム

睡眠時無呼吸症候群の原因やメカニズムについて

関連エントリー

睡眠時無呼吸症候群:いびきの原因やメカニズム(薬物・鼻疾患などの場合) 睡眠時無呼吸症候群:いびきの原因やメカニズム(肥満・アルコールの場合) 睡眠時無呼吸症候群の原因について 睡眠時無呼吸症候群:いびきの原因(男女差) 睡眠時無呼吸症候群:社会的問題を引き起こす原因として