Top >  睡眠時無呼吸症候群の検査法 >  睡眠時無呼吸症候群の検査法

睡眠時無呼吸症候群の検査法

スポンサード リンク

睡眠時無呼吸症候群の検査法について詳しく紹介しましょう。


まず、医療機関で受診し、問診を受けます。睡眠中のことは自分ではよく分かりにくいので、起きている間のことを問われます。例えば、眠気のこと・生活習慣病の病歴・既往歴・夜間のトイレの回数・鼻の疾患などです。


そして、入院検査を行います。睡眠時無呼吸症候群の検査法は2つあります。終夜睡眠ポリグラフ(PSG)検査と簡易検査という検査法です。終夜睡眠ポリグラフ検査とは、夜の睡眠や呼吸状態を専門の機械を使って検査します。脳波・動脈血酸素飽和度・呼吸状態・体位・心電図などを測定し、判断します。簡易検査とは、PSG検査から脳波を除いた検査です。睡眠状態は分かりませんが、無呼吸の有無を調べることが可能です。その後、検査結果から、睡眠時無呼吸症候群の具体的な治療方針が決められ、実生活の改善と治療に入ります。

睡眠時無呼吸症候群の検査法

睡眠時無呼吸症候群の検査法について

関連エントリー

睡眠時無呼吸症候群の検査法