Top >  睡眠時無呼吸症候群の治療 >  睡眠時無呼吸症候群の治療

睡眠時無呼吸症候群の治療

スポンサード リンク

睡眠時無呼吸症候群を治療すると、いびき・眠気などの改善の他に、生活習慣病の改善・予防にもなります。


睡眠時無呼吸症候群の治療には3つの方法があります。CPAP療法・外科手術・マウスピースを使う方法の3つです。


まず、CPAP療法ですが、鼻から専用のマスクで気道に空気を送り、気道を広げる治療法です。全世界でも、最も普及している睡眠時無呼吸症候群の治療法で、高血圧の合併症の改善・予防に効果があるとされています。外科手術は、全ての人が対象になるわけではないのですが、喉の閉塞部位を切り取る方法です。最近では、レーザー治療により、部位の組織を小さくする方法もあります。マウスピースは、上あごと下あごが固定したものを患者さんの気道を広げるように合わせて作ります。


その他にも、睡眠時無呼吸症候群の治療には、生活習慣の改善が大切になってきます。太っている人は減量をしたり、アルコールや煙草など気道を弛緩させるものは制限する必要があります。

睡眠時無呼吸症候群の治療

睡眠時無呼吸症候群の治療について

関連エントリー

睡眠時無呼吸症候群の治療方法:CPAPの欠点 睡眠時無呼吸症候群の治療方法:CPAPの利点 睡眠時無呼吸症候群の治療方法:マウスピースの欠点 睡眠時無呼吸症候群の治療方法:マウスピースの利点 睡眠時無呼吸症候群の治療 睡眠時無呼吸症候群の治療の前に 睡眠時無呼吸症候群の治療方法:気管切開 睡眠時無呼吸症候群の治療方法:外科手術