Top >  睡眠時無呼吸症候群と子供 >  子供の睡眠時無呼吸症候群の症状

子供の睡眠時無呼吸症候群の症状

スポンサード リンク

今や社会現象となっている睡眠時無呼吸症候群ですが、実は大人だけの問題ではないのです。ありえないはずの子供にまで睡眠時無呼吸症候群の魔の手は忍び寄っています。


新生児から発症する恐れのある睡眠時無呼吸症候群ですが、なかなか発見も遅れがちなのが現状にあるようです。ここでは、子供が睡眠時無呼吸症候群を患っている場合の症状をあげてみます。


子供が睡眠時無呼吸症候群を患った場合には、睡眠時に酸素不足の無呼吸や低呼吸が何度も訪れ、結果的に脳が何度も覚醒を繰り返します。ですので、かなり質の低い眠りとなり、子供の場合、眠気が襲ってくる代わりに集中力の低下やイライラして落ち着きのない状態になります。そして、注意力散漫になり、あげく学力の低下も見受けられます。


これらの状態が急激に見られるようになった場合、子供の睡眠時無呼吸症候群を疑ったほうがいいでしょう。そして、できるだけ早急に対処してあげてください。

睡眠時無呼吸症候群と子供

睡眠時無呼吸症候群と子供について

関連エントリー

子供の睡眠時無呼吸症候群のチェック方法 子供の睡眠時無呼吸症候群の原因 子供の睡眠時無呼吸症候群と成長の関係 子供の睡眠時無呼吸症候群の症状 子供の睡眠時無呼吸症候群