Top >  睡眠時無呼吸症候群と子供 >  子供の睡眠時無呼吸症候群と成長の関係

子供の睡眠時無呼吸症候群と成長の関係

スポンサード リンク

世間で大きく騒がれている睡眠時無呼吸症候群ですが、子供にも睡眠時無呼吸症候群を発症することが分かっています。症状も大人と違い、なかなか親が気付きにくいという欠点があります。しかし、子供に集中力がなく、常に落ち着きがないというような症状があれば、睡眠時無呼吸症候群を疑いましょう。


睡眠時無呼吸症候群のその他の症状には、子供の成長の遅れがあります。小児期には骨や筋肉の発達を促進させるのに必要な成長ホルモンがあります。この成長ホルモンが分泌されるのは睡眠が深くなった時に脳の下垂体から分泌されるので、睡眠が浅くなってしまう睡眠時無呼吸症候群を発症していた場合は、成長ホルモンの分泌低下が起こり、子供の成長が遅れてしまうといった現象がおきます。ですので、集中力低下や落ち着きがないといった症状のほか、成長が遅いと感じたときには、睡眠時無呼吸症候群を疑い早急に治療してあげましょう。

睡眠時無呼吸症候群と子供

睡眠時無呼吸症候群と子供について

関連エントリー

子供の睡眠時無呼吸症候群のチェック方法 子供の睡眠時無呼吸症候群の原因 子供の睡眠時無呼吸症候群と成長の関係 子供の睡眠時無呼吸症候群の症状 子供の睡眠時無呼吸症候群