Top >  睡眠時無呼吸症候群と子供 >  子供の睡眠時無呼吸症候群の原因

子供の睡眠時無呼吸症候群の原因

スポンサード リンク

大人だけの症状と勘違いされがちな睡眠時無呼吸症候群ですが、実は幼い子供にも発症する怖い病気です。日頃から子供の状態をよく把握し、睡眠時無呼吸症候群から早期に守ってあげましょう。


しかし、なぜ幼い子供にまで睡眠時無呼吸症候群が発症するのでしょうか?子供の睡眠時無呼吸症候群やいびきは、肥大した扁桃腺やアデノイドが原因となっていることがほとんどです。


アデノイドは鼻とのどの境目にある扁桃組織のことで、学童期後半になれば次第に小さくなりますが、子供によっては大きすぎて睡眠時無呼吸症候群やいびきの原因になってしまいます。


肥大した扁桃腺やアデノイドによって上気道が塞がれてしまい、睡眠中に無呼吸の状態やいびきがおこりやすくなります。自分の子供のいびきが気になる方は、一度専門家への相談をおすすめします。

睡眠時無呼吸症候群と子供

睡眠時無呼吸症候群と子供について

関連エントリー

子供の睡眠時無呼吸症候群のチェック方法 子供の睡眠時無呼吸症候群の原因 子供の睡眠時無呼吸症候群と成長の関係 子供の睡眠時無呼吸症候群の症状 子供の睡眠時無呼吸症候群