Top >  睡眠時無呼吸症候群の原因やメカニズム >  睡眠時無呼吸症候群:いびきの原因やメカニズム(肥満・アルコールの場合)

睡眠時無呼吸症候群:いびきの原因やメカニズム(肥満・アルコールの場合)

スポンサード リンク

睡眠時無呼吸症候群の症状であるびいきの原因のなかでも、肥満とアルコールによって起こるメカニズムについて紹介しましょう。


いびきとは、睡眠時に粘膜が振動する音です。原因は様々ありますが、いずれの原因も空気の通り道(気道)がふさがれて、狭くなったところに空気が通るときに起こるメカニズムになっています。肥満が睡眠時無呼吸症候群の原因の場合、体重増加とともにいびきのを割合も多くなります。体重が増えるにつれて、顎や首の周りの脂肪が多くなり、その結果気道が圧迫され,狭くなるというメカニズムになっています。


また、アルコールがいびきの原因になるメカニズムは、アルコールが入ると、気道が充血し、粘膜が膨張したうえ、下や咽頭の筋肉の緊張がなくなり気道が狭くなるのです。肥満もアルコールも、睡眠時無呼吸症候群の代表的な原因ですので、早期の対策と治療が重要になってきます。

睡眠時無呼吸症候群の原因やメカニズム

睡眠時無呼吸症候群の原因やメカニズムについて

関連エントリー

睡眠時無呼吸症候群:いびきの原因やメカニズム(薬物・鼻疾患などの場合) 睡眠時無呼吸症候群:いびきの原因やメカニズム(肥満・アルコールの場合) 睡眠時無呼吸症候群の原因について 睡眠時無呼吸症候群:いびきの原因(男女差) 睡眠時無呼吸症候群:社会的問題を引き起こす原因として