Top >  睡眠時無呼吸症候群:いびき防止法 >  睡眠時無呼吸症候群:日常的ないびき防止法

睡眠時無呼吸症候群:日常的ないびき防止法

スポンサード リンク

睡眠時無呼吸症候群の症状であるいびきの防止法は、いびきの原因によって異なってきます。


睡眠時無呼吸症候群になってしまった人は、専門的な治療が必要になってきますが、睡眠時無呼吸症候群になってしまう前に、原因によっては、日常的にいびきを防止する方法はあります。


代表的ないびき防止法としては、眠るときに、横向きの姿勢になることです。横向きになることにより、舌が落ちこまなくなるため、気道の圧迫を防ぐことができるからです。また、枕を低くしたり、とって寝たりする方法もあります。枕をとって寝ると、気道がまっすぐになるため、空気のとおりがよくなるからです。


肥満やアルコールなどがいびきの原因である場合には、特別な対策が必要になってきますが、ただいびきをかくという理由で睡眠時無呼吸症候群を心配している人は、まず、日常的にいびきが防止できるかどうかで判断ができると考えられます。

睡眠時無呼吸症候群:いびき防止法

睡眠時無呼吸症候群いびき防止法について

関連エントリー

睡眠時無呼吸症候群:いびき防止法(アルコールの場合) 睡眠時無呼吸症候群:いびき防止法(肥満の場合) 睡眠時無呼吸症候群:日常的ないびき防止法