Top >  睡眠時無呼吸症候群:いびき防止法 >  睡眠時無呼吸症候群:いびき防止法(肥満の場合)

睡眠時無呼吸症候群:いびき防止法(肥満の場合)

スポンサード リンク

睡眠時無呼吸症候群の第1の症状としていびきがあげられますが、睡眠時無呼吸症候群になってしまってからでは、専門の医療機関での治療が必要になってきます。しかし、肥満がいびきの原因である場合、睡眠時無呼吸症候群になってしまう前に、日常的ないびき防止法はあります。


いびきの原因は、寝たときに顎や首や舌の周囲の脂肪が気道を圧迫するためにおこるのですから、体重の増加とともにいびきの発生も増加します。若い頃はいびきをかかなかったのに、歳を重ね、体重も増加するとともに、いびきをかくようになった人は要注意です。このまま体重増加を放っておくと、前後左右全体で気道を圧迫するようになり、日常的ないびき防止法に取り組む前に、睡眠時無呼吸症候群になってしまいます。


そこで、日常的には、減量(ダイエット)することが1番のいびき防止法になります。少々肥満気味で、いびきをかく傾向にある人は、睡眠時無呼吸症候群になる前に、早めの減量を心がけるのが良いでしょう。

睡眠時無呼吸症候群:いびき防止法

睡眠時無呼吸症候群いびき防止法について

関連エントリー

睡眠時無呼吸症候群:いびき防止法(アルコールの場合) 睡眠時無呼吸症候群:いびき防止法(肥満の場合) 睡眠時無呼吸症候群:日常的ないびき防止法