Top >  睡眠時無呼吸症候群:いびき防止法 >  睡眠時無呼吸症候群:いびき防止法(アルコールの場合)

睡眠時無呼吸症候群:いびき防止法(アルコールの場合)

スポンサード リンク

睡眠時無呼吸症候群の多くは、いびきとして症状があらわれてきますが、睡眠時無呼吸症候群になる前に、いびきの原因や傾向をキャッチして、いびき防止法に取り組むことが大切です。


いびきの原因には肥満が多くあげられますが、アルコールをとることによっても起こります。アルコール類には、舌や咽頭の筋肉の緊張をなくし、気道を狭くする働きや、鼻の粘膜を充血させる作用があり、いびきを発生させます。


いびきの防止法としては、やはり禁酒することをおすすめします。禁酒は特に治療も薬物も使わずにできることですから、睡眠時無呼吸症候群にまでいたってしまう可能性は低いように思われますが、いびき防止法に取り組んでみても改善されなかったり、症状が重い場合には、アルコール以外の原因が考えられますので、睡眠時無呼吸症候群になっている危険性を考えても、早期に、専門の医療機関で診察を受けることが大切です。

睡眠時無呼吸症候群:いびき防止法

睡眠時無呼吸症候群いびき防止法について

関連エントリー

睡眠時無呼吸症候群:いびき防止法(アルコールの場合) 睡眠時無呼吸症候群:いびき防止法(肥満の場合) 睡眠時無呼吸症候群:日常的ないびき防止法