Top >  睡眠時無呼吸症候群の治療 >  睡眠時無呼吸症候群の治療方法:マウスピースの利点

睡眠時無呼吸症候群の治療方法:マウスピースの利点

スポンサード リンク

睡眠時無呼吸症候群の治療方法にはいくつかありますが、マウスピースを使った方法の利点を紹介しましょう。


マウスピースを使った睡眠時無呼吸症候群の治療は、身体に負担をかけず、治療の有効率は90%と高い数字を示しています。マウスピースは装着することによって下顎の気道を広げる治療方法で、上下の歯と顎の状態に合わせてアクリル樹脂で製作します。


利点としては、通院が少なくてすみ、検査のあと、歯型をとって調整後、完成となります。また、小型で旅行や出張など、手軽に持ち運びが出きることです。使用方法も簡単で、口にはめ込むだけで十分な効果が得られます。


睡眠時無呼吸症候群の治療だけでなく、いびき防止にも効果があり、簡単に治したい人にはおすすめの医療器具です。

睡眠時無呼吸症候群の治療

睡眠時無呼吸症候群の治療について

関連エントリー

睡眠時無呼吸症候群の治療方法:CPAPの欠点 睡眠時無呼吸症候群の治療方法:CPAPの利点 睡眠時無呼吸症候群の治療方法:マウスピースの欠点 睡眠時無呼吸症候群の治療方法:マウスピースの利点 睡眠時無呼吸症候群の治療 睡眠時無呼吸症候群の治療の前に 睡眠時無呼吸症候群の治療方法:気管切開 睡眠時無呼吸症候群の治療方法:外科手術