Top >  睡眠時無呼吸症候群の原因やメカニズム >  睡眠時無呼吸症候群:社会的問題を引き起こす原因として

睡眠時無呼吸症候群:社会的問題を引き起こす原因として

スポンサード リンク

睡眠時無呼吸症候群による、日中の眠気は、交通事故・災害事故だけでなく、社会的不適応・家庭問題・経済的問題など様々な社会的問題を引き起こす重大な原因となっています。


特に、睡眠時無呼吸症候群の人が交通事故を引き起こすのは、無呼吸でない人の7倍になっています。


交通事故以外でも、過去の事例でいうと、労働災害として、アメリカのスリーマイル島の原子力事故や、アラスカ沖のタンカー事故があげられます。日本では、岡山県での山陽新幹線の運転士の居眠り事故の原因にもなっています。その他にも、睡眠時無呼吸症候群は、家庭内不和の原因や、不登校・いじめの原因にもなっているといわれています。


睡眠時無呼吸症候群の患者が引き起こす問題では、交通事故が圧倒的に多いのですが、治療を行うことによって、健常者と同等になりますので、早期の治療を心がけたいものです。

睡眠時無呼吸症候群の原因やメカニズム

睡眠時無呼吸症候群の原因やメカニズムについて

関連エントリー

睡眠時無呼吸症候群:いびきの原因やメカニズム(薬物・鼻疾患などの場合) 睡眠時無呼吸症候群:いびきの原因やメカニズム(肥満・アルコールの場合) 睡眠時無呼吸症候群の原因について 睡眠時無呼吸症候群:いびきの原因(男女差) 睡眠時無呼吸症候群:社会的問題を引き起こす原因として