Top >  睡眠時無呼吸症候群・いびき >  睡眠時無呼吸症候群:いびきについての調査

睡眠時無呼吸症候群:いびきについての調査

スポンサード リンク

睡眠時無呼吸症候群と、いびきについての関係性は、近年多くの人が知るようになったのではないでしょうか。


確かに、睡眠時無呼吸症候群になると、心不全・脳血管障害・呼吸障害の原因になるので、睡眠時無呼吸症候群の第1のサインであるいびきは「怖い」というイメージを持つ人も多いと思われます。毎晩必ずいびきをかく人の数は、全世界的にみても2~3割に達するといわれ、時々というレベルになると、人口の半分以上になるのではないかといわれています。


日本人の常習性のいびきについては、男性で21%、女性で6,1%におよび、男女とも50才代にピークがくると、最近の調査で分かりました。睡眠時無呼吸症候群でなくても、いつもいびきについて注意されることで不眠症になったり、いびきが原因で夫婦別室、そして離婚の原因にもなることを考えると、いびきについてあなどってはいられません。


いびきや、いびきの原因となっている病気は必ず治療で治りますので、ベッドパートナーと相談して、ひどい症状になる前に治療を受けてみてはどうでしょうか。

睡眠時無呼吸症候群・いびき

睡眠時無呼吸症候群・いびきについて

関連エントリー

睡眠時無呼吸症候群:いびきについて 睡眠時無呼吸症候群:いびきについての調査