Top >  睡眠時無呼吸症候群の原因やメカニズム >  睡眠時無呼吸症候群:いびきの原因(男女差)

睡眠時無呼吸症候群:いびきの原因(男女差)

スポンサード リンク

睡眠時無呼吸症候群の第1のサインであるいびきの原因は、眠ることによって上気道の筋肉がゆるむためにおこりますが、日本人の常習性のいびきの割合は、男性が21%、女性が6,1%と男性の方が多いという調査結果がでています。


女性のいびきが少ない原因は、女性ホルモン(特に黄体ホルモン)が呼吸筋(上気道の筋肉・横隔膜・肋間筋等)の活動を活発にする効果があるためだとされています。ですから、女性は、女性ホルモンが減少する閉経期以降に、いびきをかく確率が高くなり、男女差が少なくなります。


いびきのピークが50才代にあり、中高年になると夫婦そろっていびきをかくようになる理由は、女性ホルモンの減少が原因であることが多いのです。睡眠時無呼吸症候群の危険性も中高年になると高くなります。


しかし、大体が、若い頃からいびきをかく体質の人が、中年太りや閉経などによって睡眠時無呼吸症候群に移行するケースが典型的となっていますので、年齢、性別を問わず、いびきには十分の注意が必要と考えられます。

睡眠時無呼吸症候群の原因やメカニズム

睡眠時無呼吸症候群の原因やメカニズムについて

関連エントリー

睡眠時無呼吸症候群:いびきの原因やメカニズム(薬物・鼻疾患などの場合) 睡眠時無呼吸症候群:いびきの原因やメカニズム(肥満・アルコールの場合) 睡眠時無呼吸症候群の原因について 睡眠時無呼吸症候群:いびきの原因(男女差) 睡眠時無呼吸症候群:社会的問題を引き起こす原因として